人権に関する統一ロングホームルーム

本日1校時、本校全生徒(中・高校)を対象に、「人権」に関する統一ロングホームルームが第1体育館で行われました。

学校生活アンケートの集計結果を受けての話やいじめに関すること、SNS内で問題として起こりうるケースを題材にしたDVD鑑賞上映等がありました。

~あなたなら、どうしますか~

自分に置き換えて考えながら、皆鑑賞しました。

  

「自他を傷つける」ことにはいったいどういったことがあるのか。

直接的ないじめや誹謗中傷だけでなく、SNS上の安易な投稿等でも、他人を傷付けてしまったり、時には自分の意図とは違った方向に問題が発展してしまうこともある。日頃の何気なく発した言葉や行動が、「自他を傷つける」ことに繋がってしまっていないかなど、改めて自己を振り返る良い機会になったお話でした。

まずは加害者にならないことが自分を守ることにも、問題に巻き込まれないことにもつながります。

自他を等しく認め、お互いの人格を尊重し合える心の通う人間関係を作っていきましょう。

また、「幸せってなんでしょう ~旅の仲間と出かけたブータンで考えた、本当の幸せ~」と題された 作家 山元 加津子さんのエッセイを、放送部2年 山崎 麗奈さんが朗読しました。

  

「人の幸せを願える人を育てる」が学校の教育目標として掲げられているブータン。

心の豊かさ・幸せとは?を自らに問うきっかけとなるエッセイでした。