HOME学校案内 > 校長室便り「みどり」

校長室便り「みどり」


2学期がスタートしました!

 夏休みもあっという間に過ぎ、いつもと変わらない登校風景が戻ってきました。
 この夏休み期間中、生徒たちは進学課外・就職課外・宿泊学習への参加、部活動あるいは個人でのコンクール出場、アルバイト等と、それぞれに充実した夏休みを過ごしたことと思います。

2学期がスタートしました!

 私も今年の夏は、特別な夏休みとなりました。
 それは、野球部の甲子園出場をかけた県大会での出来事があったからです。
 初めて決勝進出した野球部員31名の全員の体を張った頑張りと、暑い中、声が枯れるほど応援してくれた多くの生徒や職員の姿にふれ、宮崎学園が一つになっていくのを感じたからです。
 これらの姿は、将に、「ひとすじ貫く星」になろうとする姿であり、何ものにも代え難い喜びでした。

 一方、大阪高槻市では、中学1年の男女の生徒が殺害されるという痛ましい事件が報道され、心が凍るようでした。
 幸い、夏休み期間中、本校生徒がこのような事件に巻き込まれることはありませんでしたが、何時・何処で起きてもおかしくない社会の状況です。

 生徒たちとの何気ない会話やふれあい、授業等の中から、生徒の気持ちや変化等を読み取ることができるよう、アンテナを高くしておかなければならないと、職員と確認したところです。

 さて、2学期が始まり1週間です。
今、学校では文化祭や体育大会に向けての練習一色ですが、この2学期は、進学や就職に向けて、最も力を付けなければならない大切な時期でもあります。

2学期がスタートしました!


 誉めるべきは誉め、指導すべきは指導するというメリハリのある指導や支援をとおして、生徒それぞれが自らの目標に向かって、自分で課題を見つけ、その課題解決に主体的に取り組む2学期となるよう、職員一丸となって取り組んでまいります。

 どうぞ、今後ともこれまでと変わらぬ御理解と御支援をよろしくお願い申し上げます。








ページトップへ