HOME学校案内 > 校長室便り「みどり」

校長室便り「みどり」


宮学らしさが溢れた学園祭 !!

 9月4日(金)・5日(土)の文化祭、雨のため1日延期となった9月7日(月)の体育大会と、今年の本校学園祭も生徒たちのはち切れんばかりの若さとパワーで溢れていました。
 2学期がスタートした8月26日から1週間ほどの短い準備期間でしたが、どの学級、どの学年、どのグループや部も、素晴らしい出演内容で、私の目はステージに、グラウンドに釘付けでした。

宮学らしさが溢れた学園祭


 今年の学園祭テーマは「煌(きらめき)」 
                スローガンは「輝け 我らが 宮学魂」です。

 このテーマ・スローガンを決めた学園祭実行委員会では、それぞれの演技や競技、応援、役員や係活動の中で、友達と力を合わせたり、途中で諦めず力を出し切ったりすることで、「一人一人が輝こう」、そして、「一人一人が輝くことで、集団として、宮学全体として輝こう!」という思いを込めたのでしょう。


宮学らしさが溢れた学園祭

 文化祭の合唱やステージ発表、クラス展示や模擬店に掛ける生徒たちの意気込みは実に見事で、来校いただいた方々からは、「観客を意識した様々な工夫がなされ、質が高くなってきていますね。」「生徒たち自身が創り上げた手作り感がいいですね。」などの感想をいただき、嬉しくなりました。

宮学らしさが溢れた学園祭

宮学らしさが溢れた学園祭



宮学らしさが溢れた学園祭

 また、体育大会では勝敗がつきものですが、結果だけにこだわるのではなく、「力を出し切った、精一杯協力した結果、敗れたのであれば、それは、悔しいことではあっても、決して、恥じることではない」ということを、生徒たちの動きや態度の中から感じることができ、清々しい気持ちになりました。

宮学らしさが溢れた学園祭

宮学らしさが溢れた学園祭

 相手を尊重するという意味を持つ「礼節」、意を尽くし、力を尽くすという意味の「勤労」、この建学の精神に学園全体が満ち溢れ、生徒たちの確かな成長を感じた学園祭でした。
 溌剌と動く生徒たち、笑顔はじける生徒たち、瞳輝く生徒たちの 今後益々の成長を 全職員でしっかりとサポートしていきたいと誓った三日間でした。

 文化祭及び体育大会への皆様方の御参加に、職員一同、心からお礼申し上げます。
 ありがとうございました。








ページトップへ