HOME学校案内 > 校長室便り「みどり」

校長室便り「みどり」


Youth ~青春~




 「Youth ~青春~」のテーマのもと、スローガン「一瞬の青春を駆け抜けろ!」を合言葉に、9月1日(金)~9月3日(日)の3日間、「第15回宮崎学園祭」を開催しました。

 秋の気配を感じる心地よい季節の中で、学園祭が開催できるのは3年ぶりです。
 一昨年、昨年と2年続きで雨でしたので、特に高校3年生にとっては、将に待ち望んだ晴天の下での学園祭となりました。
 テーマやスローガンについては、生徒会が全クラスに募集を掛け、その中からテーマに「Youth ~青春~」、そして、スローガンには「一瞬の青春を駆け抜けろ!」と決定し、短い準備・練習期間だったのですが、生徒たちはこのテーマ・スローガン通り、爽やかに、そして、力の限りこの3日間を駆け抜けてくれました。

 文化祭1日目は、クラスメートと協力しながら、発表や展示・模擬店での販売に汗を流したり、弾けんばかりの笑顔に満ち溢れていました。
 文化祭2日間は、宮崎学園が誇る音楽やダンス等を中心に、ハイレベルな発表が続々と披露され、そのたびに会場は感動の渦となり、これぞ「宮学ならでは文化祭!」を実感するひとときでした。

 また、体育大会では、生徒一人一人が持てる力を出し切り、競技や演技に取り組む真剣な姿、競技する友に力一杯声援を送る級友、やり切ったあとの満面の笑み等々、グラウンドいっぱいに若者の力、若者の清々しさ、若者の未来が満ち溢れていました。

 文化祭と体育大会、全く違うステージですが、どの生徒も自分の個性や可能性を思いっきり発揮していたことに感動と嬉しさで胸がいっぱいになった3日間でした。

 感動の全てをお伝えすることはできませんが、どうぞ生徒たちの真剣な表情や素晴らしい笑顔をご覧ください。




















 保護者の皆様方には、早朝から生徒たちの発表・演技に温かい声援を送ってくださいましたことに心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 学園祭で紡いだ友情、頑張ったからこそ味わえた満足感・達成感、力を出し切ることの心地よさ等をこれからの学校生活に存分に生かし、自分の進路実現を目指してほしいと願っています。今後とも御支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 なお、文化祭では、会場の大坪記念ホールの収容人数が1004名で、全校生徒及び職員で満席となりますことから、消防法に基づき、保護者の皆様方の御観覧は開会式以降とさせていただきました。御迷惑をお掛けいたしましたこと、どうぞお許しください。






ページトップへ