HOMEキャンパスライフ > 在学生の声

在学生の声

特進科 2年 中西 将司  <三松中出身>

 私が志望している大学は、超難関大学と言われています。特進科の授業は、少人数で行われ、習熟度に合わせて展開します。先生方は頑張ろうとする私たちを全力で後押ししてくださり、添削指導や進路指導などきめ細やかな指導をしてくださいます。学習室や図書室など学習施設が整っているだけでなく、生徒同士での教え合う習慣も身についており、目標に向かって努力することができます。クラスの大半が部活動に入部していますが、私は合唱部に所属し、全国大会に毎年出場しています。部活動と学業を両立しながら、充実した学校生活を送っています。

普通科 3年 栗下 ありさ  <東大宮中出身>

 将来、子どもに関する仕事に就くためにこの幼児保育コースを選びました。このコースではピアノレッスンや高大連携の授業で専門的なことを学習できます。また、バレーボール部の活動にも十分時間をかけられるので高校生活は充実しています。

経営情報科 3年 藤 祐輔  <生目南中出身>

 経営情報科では、検定試験の合格に力を入れ、日々の授業や課外に励んでいます。私は現在全商検定第1級に7種目・日商簿記検定第2級、実用英語検定準2級に合格しています。これらの検定に合格することは、決して楽なことではなかったのですが、諦めずに勉強し、課外後も夜遅くまで先生方にわからない箇所を教えていただき合格することが出来ました。私は、検定の勉強を通じて、諦めない気持ちが何よりも大切だということを学びました。最後まで諦めなければ必ず結果がついてくることを実感しています。皆さんもぜひ経営情報科に入って一緒に頑張りましょう。

ページトップへ