AED設置について

自動体外式除細動器(AED)の設置について

本校では、2006年11月より、 校内での救急体制の充実を図るために自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator/以下AED)を導入いたしました。現在、みどり寮も含めて7台のAEDを設置しています。

応急手当普及員の資格を有する6名の教員が、希望する生徒に対して指導し、年間約90名の生徒が普通救命講習Ⅰ修了の資格を取得しています。

 

AEDとは、心臓突然死から命を救うための装置で、 けいれん(心室細動)を起こした心臓に電気ショックを与え、その後の胸骨圧迫と人工呼吸によって正常な状態に戻します。 2004年7月 1日より医師や救急救命士だけでなく、現場に居合わせた一般市民も使用できるようになり、 学校や公共施設、一般企業などに設置されるようになってきたものです。

AED外観
毎年、在校生の約10%が普通救命講習Ⅰの資格を取っています。