サタデータイム

12月15日、今年最後のサタデータイムがありました。

普通科 選択プログラム「昭和町スポーツクラブ」では、3年生課題成果発表会を行っていました。

 

いままでの取り組みと研究成果や反省を論文にまとめ、聴衆にわかりやすく発表していました。

 

特進科 選択プログラム「スキルアップ・プログラム理科」の物理チャレンジ、生物チャレンジでは実験や実験レポート作成を行っていました。

 

 

他プログラムでも、作品展に向けての準備や制作した作品の相互添削、論文制作など、これまでの学びの振り返りや総まとめの段階に入っていました。

 

 

教科等の枠を越えた横断的・総合的な学習や探求的学習を通して、「課題の発見」→「課題解決のための学びや活動」→「課題解決」→「発表・報告」のプロセスにおいて主体的・創造的・協同的に取り組むことで、課題解決に必要な資質や能力を育成するとともに自分の生き方を考えられる生徒の育成を目標に、今年度よりスタートした「サタデータイム」。

生徒達は、自分が選択したプログラムにおいて、自ら課題を見つけ、自ら学び、主体的に判断し、解決していくことを、この「サタデータイム」の中で実践しています。そしてこの一連の学習を、個人評価ツールとしてポートフォリオの作成に繋げていきます。