【速報】採用決定!~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム【高校生コース】~

官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム【高校生コース】~第5期派遣留学生に、本校特進科1年 矢野紗彩さん(宮崎学園中出身)が採用されました。本校では初の採用となります。

このプログラムには、採用人数800人に対し、全国より2,595人(国立228人、公立1,075人、私立1,292人)の応募がありました。

本校からは、書類審査に2名が通過。3月下旬に行われた二次審査(面接審査)では、このプログラムにかける思いと、現地で取り組みたいこと、将来の目標に関するプレゼンを行い、質疑応答が行われ、見事通過。採用の運びとなりました。

矢野さんは、「アカデミック」分野を選択し、オーストラリアへ留学します。

6月に実施される壮行会・事前研修に参加後、7月よりオーストラリアへの留学を予定しています。

矢野さん、採用おめでとうございます!

【矢野さんのメッセージ】

私は今回、トビタテ5期生としてオーストラリアに留学します。「多文化主義」を掲げるオーストラリアでの生活や体験を通して、文化の違う国の方々への理解を深めたり、日本や国際問題に関する意見交換を通して、外から日本を見つめ、今後、自分がどのように国際貢献していけるのかを、具体的に考えたいと思っています。また、国際連合が出しているSDGs(持続可能な開発目標)の活動に、現地の方と共に取り組むことも楽しみにしています。

 ※トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム【高校生コース】とは・・

文部科学省がグローバル人材育成施策の一環として行う留学サポートのことで、民間企業等からの寄附金を活用し,生徒が主体的に作成した計画、又は生徒の留学に対する目的や考えが含まれた計画に対し、奨学金等を通じた支援を行う制度です。