19日(火)4校時、本校記念ホールにおきまして、経営情報科「商品開発」学習成果発表会が行われました。

発表会では、同科3年生が「商品開発」の中で取り組んできた

①まちなか公共空間事業「みやがくフェス」 ②フードグランプリ ③うまちか甲子園 ④㈱Milk Lab.様との取り組みを通して学んだ成果を各項目ごとにグループに分かれて発表しました。

  

昨年3月に市内若草通りにて開催された、まちなか公共空間事業「みやがくフェス」において、先輩方が商品開発した「ライチアイスクリーム」の販売実習からはじまった3年生の取り組み。

先輩から「バトン」をしっかりと受け継ぎ、フードグランプリやうまちか甲子園など、様々な取り組みを通して辿り着いた「ライチプリン」開発、そして販売実習に至るまでの苦労や課題発見から解決方法等や、経験を通して感じたこと、学んだことを、わかりやすく発表しました。

また、この発表会には、「商品開発」にご協力いただきました、㈱Milk Lab. 山中様、松本様、(一財)こゆ地域づくり推進機構 中村様、宮崎県商工観光労働部 雇用労働政策課 藤﨑様もご出席いただきました。

そして経営情報科1.2年生もまた、先輩達の発表を熱心に聞いていました。

  

発表会の最後に、㈱Milk Lab. 代表取締役 山中 章英様から講評をしていただきました。

  

3年生たちは発表の最後に、「商品開発」を通して「大切なこと」を

・つながり ・信頼 ・やらされている感ではない「自発性」 ・助け合い ・無知の知 という

5つの言葉でまとめていました。

この「商品開発」の中で学んだこれらは、きっと卒業後の社会においても役に立つことと思います。