本日、合同会社 ゆうあい着物工房から5名の講師をお招きし、「浴衣着付け」の授業がありました。

この「着付け指導」は、30年ほど前から「礼法授業」の中に取り入れられており、毎年7月頃実施しています。

自分で浴衣を着るのは初めての生徒がほとんどで、最初は着崩れたり、帯がうまく結べなかったりしましたが、

講師の先生方の御指導を受け、何とか着れるようになりました。

これをきっかけに、日本の伝統文化である着物を再認識し、和服に親しみをもってほしいと思います。