教育理念

建学の精神

「礼節・勤労」 ~礼節を重んじ 勤労を尊ぶ~
「礼節」「勤労」は、古来、人々の生活の中で大切にし、日本人の美徳として高められてきたものであり、これからも永久に日本国民の誇りとなるものです。 昭和14年に設立した本学園は、「礼節・勤労」を建学の精神とし、時代がどのように変わろうとも、この建学の精神は、人としての根幹であり、創造の源として、創設以来継承しているところです。
礼節
よりよい社会生活を営むため、基本精神である自と他をともに尊重する心を育み、マナーとけじめのある生活習慣を身につけます。
勤労
どのような困難に接しても、誠実に責任を持って実践する精神を培い、勉強や仕事に精一杯努力する姿勢を身につけます。

ミヤガクの礼法

ミヤガクの礼法
1年生
校内・校外における基本的なマナーの習慣を目指します。
2年生
日本の伝統・文化に触れながら品位ある生活習慣の習得を目指します。
3年生
TPO(時・場・状況)をわきまえた生活行動の確立を目指します。