本日3・4校時に、第2回総合防災訓練を行いました。

まず、応急手当の意義とその基本についての説明があり、その後心肺蘇生法の説明・実習がありました。

これまでに本校内で年に5回実施している「応急手当講習会」を受講した生徒達が、胸骨圧迫法やAED使用法の実践をしました。

基本的な技能を身に付けることも大切ですが、“一歩踏み出して行動すること”が目の前の命を救うことに繋がるということを学びました。

また講座のあと、集会時に地震が発生し、記念ホールから南校舎に避難するといった避難訓練を実施しました。
生徒達は先生の指示に従い速やかにクラスごとにまとまって南校舎3・4階に避難しました。